2020年6月11日付け中部経済新聞 朝刊に、弊所 弁理士 林 崇朗によるインドネシア知財に関する記事が掲載されました。 

親日国・インドネシアの知財事情-中部経済新聞掲載 2020/6/11号

キラキラの国で日本企業が輝くには 商機確保へ、まずは商標権取得を なぜインドネシアが「キラキラの国」と呼ばれるのか? 世界第4位の人口(東南アジアの4割超)を有し…

投稿者プロフィール

HAYASHI Takaaki
HAYASHI Takaaki弁理士
特許や商標などの知的財産の専門家。特に半導体・自動車・遊技機の技術分野において実務経験が豊富。諸外国の知財実務にも精通しており、特にインドネシアに関しては知財以外のビジネス情報にも詳しい。