2019年4月1日以降の特許出願、審査請求料が引き上げ

すべての中小企業に対する特許料等の減免措置の適用に伴い、特許庁の歳入が減ることが予想されるため、4月1日以降の出願審査請求費用については、20,000円程度(出願の種類によって異なる)引き上げられることになりました。

通常の特許出願に係る出願審査請求料は、

118,000円+請求項数×4,000円が、138,000円+請求項数×4,000円と

なります。

新料金が適用される特許出願は、出願日(または国際出願日)が、2019年4月1日以降のものとなるため、2019年3月31日までに行われた特許出願についての審査請求料は従前の料金となります。

 

 

料金引き上げの対象となる出願審査請求料の新旧料金

料金

金額

新料金の適用時期

通常の特許出願に係る出願審査請求料

138,000円+請求項数×4,000
(旧料金:
118,000
円+請求項数×4,000円)

201941日以降の出願から

特許庁が国際調査報告を作成した国際特許出願に係る出願審査請求料

83,000円+請求項数×2,400
(旧料金:
71,000
円+請求項数×2,400円)

201941日以降の国際出願日を有する出願から

特許庁以外が国際調査報告を作成した国際特許出願に係る出願審査請求料

124,000円+請求項数×3,600
(旧料金:
106,000
円+請求項数×3,600円)

201941日以降の国際出願日を有する出願から

特定登録調査機関が交付した調査報告書を提示した特許出願に係る出願審査請求料

110,000円+請求項数×3,200
(旧料金:
94,000
円+請求項数×3,200円)

201941日以降の出願から

※分割・変更出願については、現実の出願日に基づいて新旧料金の適用が判断されます。出願日を遡及して料金が適用されることはありません。