メルカリ 権利侵害品の通報フォームを開設

フリマアプリ「メルカリ」を運営するメルカリは、
権利者が「メルカリ」上に出品された権利侵害品の削除申立手続きを簡略化した
「権利者保護プログラム」のウェブサイトを公開しました。

「メルカリ」に出品された偽造品などに対して、
権利者が専用フォームから申し立てを行えるサービスで、
書類提出の手間を省き、削除手続きを簡略化しました。

同社では、2014年から権利者保護プログラムを運用していましたが、
これまでメールで受け付けていた削除申立手続きを
ウェブサイトの加入者専用フォームから行えるようにしました。

また、権利者保護プログラムへの加入もウェブサイトの申込フォームから行えるようになりました。

通常であれば申立ての都度必要な「権利の証明資料(商標原簿など)」の提出が初回のみとなり、
加入後は、加入者専用の申立フォームでスムーズに権利侵害申立てができるようになりました。

Follow me!

投稿者プロフィール

HAYASHI Takaaki
HAYASHI Takaaki弁理士
特許や商標などの知的財産の専門家。特に半導体・自動車・遊技機の技術分野において実務経験が豊富。諸外国の知財実務にも精通しており、特にインドネシアに関しては知財以外のビジネス情報にも詳しい。