ようこそ!ちたちた国際特許事務所へのサイトへ

知財経営スペシャリスト 林崇朗です

ちたちた国際特許事務所のサイトにご訪問くださりありがとうございます。

モノづくり中小企業の経営者が抱える3つの経営課題「売上の向上」、「利益率の改善」、「優秀な人材の確保」の解決をサポートしております、知財経営スペシャリスト・林崇朗です。

弁理士という資格を持つ私が、どうして経営にかかわるサービスを展開しているか不思議に思う方もいらっしゃいますので、まずはその経緯についてご説明させていただきます。

サラリーマンや公務員ではない何かになりたい

理工学部に通っていた大学時代、漠然と「サラリーマンや公務員ではない何かになりたい」と思っていました。しかし具体的に「これだ」と思う職業は思い浮かばず、「何とかしないと・・・」と就職活動を行っていたある日、偶然にも本屋で弁理士という職業を知りました。

幅広い技術にわたる多くのアイデアに日々触れ合いながら知的好奇心を満たすことができる『弁理士』。「いつかは弁理士になって、企業の知財を守り、日本の経済に貢献したい」

この熱い思いが、弁理士という職業を目指すことになったきっかけです。

弁理士になるために製造業で働くサラリーマンになる

まずは発明が生まれる環境を体験しておくべきだと思った私は、卒業後の進路は製造業で働くサラリーマンの道を選びました。

資格取得のために勉強をしながら大企業から中小企業数社のモノづくり企業に従事して目にしたものは、大企業のように知財専門の人材を確保していない中小企業は、納期優先のルーティンワークに追われ、特許にまで意識がいかないという現場の状況でした。致し方ないことであるとわかっていても、発明にロマンを持っており、知財に関しての知識を持つ私にとって、それは「みすみす金の卵を孵化させないで腐らせること」に思えました。

また知的財産に対して知識のある企業と、ない企業では、圧倒的な差がある現実も垣間見え、モノづくり中小企業の経営者に知財の知識を伝える必要があると強く感じました。
 

弁理士としての理想と現実

無事弁理士資格を取得し弁理士として働き始めた私は、日々、弁理士としての経験を積むために必死でした。たくさんの失敗もしながら成長しました。しかしある日、「自分が働いている意味」について考えるようになりました。気がつけば弁理士としての主な仕事は特許・意匠・商標の権利化するための書類づくりと出願。それが現実でした。「これが弁理士としての仕事なのか・・・」「このままでいいのだろうか」と思った時、「小さなアイデアを金の卵として孵化させる」という私の理想を思い出し、その実現のためにより一層経験を積み、海外とのパイプを強くするなど知財の活用についての能力を培う努力を続けました。

 

見つけ、守り、発展させます

①知的財産に関するより良い知識、役立つ知識を中小企業に伝えること

②知的財産の基となるアイデアを掘り起こすこと

③そのアイデアを権利化して中小企業に活用してもらい成長してもらうこと

それが中小企業への真の貢献であり、生涯をかけて行うべき使命であると気がついた私は、製造品出荷額などで40年連続日本一のモノづくり県である愛知県に、ちたちた国際特許事務所を設立いたしました。

意匠権、特許権、商標権といったモノづくり中小企業の大切な財産を見つけ、適切な処置(秘密情報のための情報管理、特許庁への出願・権利化)をすることで守り、それを活用することで発展させます。

 

私の哲学について

日本や世界の経済産業の発展の歴史を学ぶほどに、私たちが現在のように豊かな暮らしを享受できているのは、先人達が脈々と築き上げてきた土台の存在があるからこそということに気が付きました。それを知れば知るほど、その恩に報いる必要があると強く思うようになり、私たちが培った能力を活かして、日本のために、日本の将来のために貢献できることはないかと考えるようになりました。

振り返って見ると幸い、私たちの事業は、経済産業の発展に寄与することができる知的財産の啓蒙です。日本経済は大企業だけでなく多くの中小企業の存在によって成り立っていますが、残念ながら日本の中小企業における知的財産に関する意識は低いと言わざるを得ません。そのため、知的財産に関するより良い知識、役立つ知識を中小企業に伝えること、知的財産をより多くの中小企業に活用してもらう事、それが私たちの事業で、いわば教育事業です。顧客である中小企業がより良い知識を学ぶことで、より豊かに、より強くなること、それが中小企業への貢献で、そのような中小企業を多く増やすことが、地域社会への貢献となり、それがひいては、日本の将来のために私たちができる貢献ではないかと考えるようになりました。

ちたちた国際特許事務所という組織は、まだまだ若い組織ですが、今の私たちには、志があり哲学があり、日本の将来のために日々、努力しています。

このサイトを自由にご覧ください。私たちのことをもっと良く知っていただけたら幸いです。そしていつか、同じ志を持った者同士として共に成長できることを楽しみにしています。

ちたたた国際特許事務所所長 林 崇朗

これまでの実績はこちらからご覧ください