狭いユーザー層を特許取得により幅広く展開し事業規模を広げる

企業概要

明治35年創業。資本⾦4500万円。従業員数64名。
葉タバコの乾燥機で培った温湿度管理技術を武器に、現在では⾷品乾燥機や葉タバコ乾燥機などの各種乾燥機を製造販売している。

知財活⽤のきっかけ

昭和3年葉タバコ乾燥機の製造を始めたが、当時、たばこは専売制であったため競争が⽣まれにくい業界の体質があったため、葉タバコ乾燥の技術も特許取得により独占しようという意識は薄かった。

そのため知財保護が不⼗分のまま新規事業を開始。しかし同業他社メーカーの模倣戦略により新市場の利益は圧迫。また既存市場についても特許権を取得したものの、権利範囲の取り⽅が悪く、模倣を防⽌できなかった経験を持つ。

知財活⽤の取り組み

平成29年、事業計画に「知財戦略の⽴案」および「職務発明規定の整備」を盛り込み、社⻑⾃らが知財重視の⽅針を⽰し、社内の知財意識を⾼めるようになる。

⾷品専⽤乾燥機9種は、特許権だけでなく、デザインやネーミングの保護、意匠権による保護も積極的に取り⼊れ、⾷品専⽤乾燥機というニッチな分野で、⼀つの製品に対して多⾓的に権利化を図り、競争が起きにくい市場作りを実現。

売上ゼロから今では全国47都道府県はもとより、海外にまでユーザーを広げている。

成果

同社の独⾃技術である「温湿度管理技術」は素晴らしい技術ではあったものの、葉タバコ乾燥機というユーザーが狭い層に限られており技術の認知度が低かった。

そこで⾃社製品に取得済産業財産権を明⽰して営業ツールとしても活⽤。業界の注⽬度の⾼い表彰制度に応募してその受賞実績をPRして、技術⼒の⾼さを積極的にアピール。

また、⾏政と協⼒しながら地元産品の果物をドライフルーツとして乾物化して地域ブランド商品にしていく取組を⾏い、同社が特許を取得している⾷品乾燥技術の提供や、商品の販売戦略などのアドバイスを⾏うことで、 地元の農産加⼯品の商品化やブランド化を後押ししている。