特許

特許
特許の査証制度、10月1日施行

令和元年改正特許法は2020年4月1日に施行されましたが、施行が未定だった「査証制度」の創設が10月1日施行と決定されました。 査証制度は、裁判所が選定した中立な立場の専門家が、被疑侵害者のオフィスや工場等に立ち入り、特 […]

続きを読む
特許実務Q&A
弁理士が教える特許実務Q&A「簡単な工夫は特許取得不可能か?」

【質 問】 当社で従来から使用している製造装置に少し改良を加えたところずいぶんと使い勝手がよくなり、生産性も向上しました。 ほんのちょっとした工夫に過ぎないのですが、おそらく、この業界ではまだ採用されていないと思います。 […]

続きを読む
特許
特許庁がAIを用いた特許文献検索システムで特許権取得

特許庁は、AIを用いた独自の特許文献検索システムに関する特許権(特許第6691280号)を取得するとともに、商標についても出願したと発表しました。 特許庁では、実験的にAI技術などを駆使し、言語および特許分類が異なる特許 […]

続きを読む
特許
特許(登録)料の支払期限の通知サービスを開始(特許庁)

特許庁では、令和2年4月1日から特許料等の納付時期の徒過による権利失効の防止を目的に「特許(登録)料支払期限通知サービス」を開始しました。 特許庁にアカウント登録し、登録番号(特許番号)を登録しておけば、下記に関する期限 […]

続きを読む
特許実務Q&A
弁理士が教える特許実務Q&A「特許無効審判」

【質 問】特許庁のJ-Plat Patでライバルメーカーの会社名を特許出願人の検索キーワードにして検索したところ現存している特許権を発見しました。この発明は、当業界では従来から知られていた技術で特許が成立しているのが間違 […]

続きを読む
特許実務Q&A
弁理士が教える特許実務Q&A「特許付与後の情報提供」

特許などの知的財産は会社の有用な資産、競争力の源泉です。そこで、社内に技術部、特許部、知財部などの専門部を設け、人員を配置して、社内での発明の発掘・創作活動、特許調査、特許出願、特許活用の検討などが、常時、専門的に行われ […]

続きを読む
特許実務Q&A
ライバルの特許成立を阻止する方法はありますか?

刊行物提出 特許出願で特許請求されている発明が、新規性、進歩性などの特許性を備えていないと思われる、等の事情について、特許庁に情報提供することができます(特許法施行規則第13条の2)。 一般的に、特許出願で特許請求されて […]

続きを読む
特許実務Q&A
弁理士が教える特許実務Q&A「特許庁の審査結果を受け取る時期」

特許などの知的財産は会社の有用な資産、競争力の源泉です。そこで、社内に技術部、特許部、知財部などの専門部を設け、人員を配置して、社内での発明の発掘・創作活動、特許調査、特許出願、特許活用の検討などが、常時、専門的に行われ […]

続きを読む
特許
主要国における特許審査の期間

主要国の特許査定率、審査期間、FA期間など 特許庁は、「特許行政年次報告書2019年版」を公表しました。報告書は、知的財産制度を取り巻く現状と方向性、国内外の動向と分析、直近の統計情報などを取りまとめています。ここでは、 […]

続きを読む
特許
ゲームソフトの特許権侵害を認定(知財高裁)

ゲーム大手のカプコンが、人気ゲームソフト「戦国無双」などを販売するコーエーテクモゲームスに特許権を侵害されたとして、約9億8千万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、知財高裁は、特許侵害を認めコーエー側に約1億4384 […]

続きを読む