同じアイデアであれば特許は早い者勝ちであることをご存じですか?

たとえ自分で考えたオリジナルのアイデアであったとしても、そのアイデアと同じ内容が他人によって先に特許申請されてしまった場合、その他人が特許を取得することになってしまいます。

そうなると、そのアイデアを使った製品やサービスを取り扱えなくなるばかりか損害賠償を請求される可能性もあります。

同じ業界にいれば同じような情報に触れていますので、得てして、自社だけでなく同業者他社も同じようなアイデアを同時期に考えているものです

そのため、新しいアイデアを思い付いたら、特許申請すべきアイデアであるかを判断し、できるだけ早く特許申請することが重要です。

特許申請すべきアイデアであるかの判断には、そのアイデアに関連する技術的な知識や法律的な知識はもちろん市場動向や会社経営などの総合的な知識が必要となります。

特許に詳しい人材が身近にいないのであれば、特許だけではなく経営の知見もある弁理士にご相談いただくことをお勧めします。