あなたは足を骨折したら、内科、眼科、整形外科、どの専門医に診てもらいたいですか?

多くの人は整形外科を選ぶと思います。

イメージしやすいように医者を例に挙げましたが、弁理士も同じようにそれぞれ得意分野があります。

そのため、IoTの特許申請であれば、 IoTの技術分野に詳しい弁理士に依頼すべきです。

弊所代表は、大学では機械工学科でロボット工学を学び、企業では半導体製造装置の設計、国内最大手の自動車メーカーの研究開発、パチンコ遊技機の知財管理に携わっていました。そのため、ハードウェアとソフトウェアとが融合したIoTに繋がる技術分野に精通しています。

また、特許申請の実績としては、Webシステム、Webアプリケーション、製造管理システム、ネットワークデバイス、ストレージシステムなどの特許申請を多数担当しており、IoT関連技術やビジネスモデルの特許申請を得意としています。

IoTやビジネスモデルの特許申請をお考えであれば、ぜび「ちたちた国際特許事務所」にご相談ください。