世界の特許出願件数 10年ぶりの減少

世界知的所有権機関(WIPO)は、
年次報告書「世界知的財産指標(World Intellectual Property Indicators)2020」
を発表しました。

それによると、2019年の世界の特許出願件数は、
18年に比べ3%減の約322万件となりました。

世界の特許出願件数が減少するのは、
金融危機下の2009年以来10年ぶりです。

中国での特許出願件数が
前年比9.2%減の140万件と減少したことが主な要因とみられます。

ただ、中国の特許出願件数は米国の2倍以上に達し、
2019年の全世界の特許出願のうち43.4%を中国が占めています。

中国以外の上位国・地域の特許出願件数をみると、
米国が4.1%増の62万件、
日本が1.8%減の31万件、
韓国が4.3%増の22万件、
欧州(欧州特許庁、EPO)が4.1%増の18万件。

商標の出願件数は、
区分数ベースで前年比5.9%増の1,515万件。

商標の出願件数は2009年以降10年連続で増加していますが、
2019年は前年(18.9%増)や2017年(30.2%増)に比べて伸び率が鈍化しています。

上位国の件数は、
中国が6.4%増の783万件、
米国が5.1%増の67万件、
日本が6.7%増の55万件。

Follow me!

投稿者プロフィール

HAYASHI Takaaki
HAYASHI Takaaki弁理士
特許や商標などの知的財産の専門家。特に半導体・自動車・遊技機の技術分野において実務経験が豊富。諸外国の知財実務にも精通しており、特にインドネシアに関しては知財以外のビジネス情報にも詳しい。