「特許庁ステータスレポート2021」を公表

 特許庁は、最新の統計情報や知財の動向などを記載した「特許庁ステータスレポート2021」を公表しました。

 それによると、2020年の日本における特許出願件数は288,472件、意匠登録出願件数は31,752件、商標登録出願件数は約181,072件でした。

 2019年と比べて特許出願件数と商標登録出願件数は減少しましたが、意匠登録出願件数は増加しました。

 特許出願は、国際特許出願67,634件、国際特許出願以外220,838件の合計288,472件で、前年より19,497件減少(前年比6.3%減)。

 商標出願は、国際商標出願17,924件、国際商標出願以外163,148件の合計181,072件で、前年より9,701件減少(前年比5.1%減)。

 意匠出願は、国際意匠出願2,986件、国際意匠出願以外28,766件の合計31,752件で、前年より263件増加しました。

Follow me!

投稿者プロフィール

HAYASHI Takaaki
HAYASHI Takaaki弁理士
特許や商標などの知的財産の専門家。特に半導体・自動車・遊技機の技術分野において実務経験が豊富。諸外国の知財実務にも精通しており、特にインドネシアに関しては知財以外のビジネス情報にも詳しい。