瑕疵ある商標出願 却下処分前の確認通知を廃止(特許庁)

 特許庁は、手数料が支払われないなど、手続上の瑕疵のある商標登録出願には、手続補正指令書を送付し、手続補正書の提出が確認できない場合は、却下処分を行います。

 現在、却下処分の前に、確認通知書が送付されていますが、特許庁では、却下処分を迅速化するため、確認通知を廃止することとしました。

 対象となるのは、手続補正指令書の発送日が令和4年1月11日以降の商標登録出願です。

 なお、特許出願・実用新案登録出願・意匠登録出願については、手続上の瑕疵のある出願に対する手続補正指令書に応答がない場合に行う却下処分前の確認通知の送付は継続されます。

Follow me!

投稿者プロフィール

HAYASHI Takaaki
HAYASHI Takaaki弁理士
特許や商標などの知的財産の専門家。特に半導体・自動車・遊技機の技術分野において実務経験が豊富。諸外国の知財実務にも精通しており、特にインドネシアに関しては知財以外のビジネス情報にも詳しい。