ノーベル賞の本庶教授が特許使用料めぐり提訴(大阪地裁)

がんの治療薬「オプジーボ」につながる研究で、
2018年にノーベル医学・生理学賞を受賞した京都大学の本庶佑特別教授は、
「オプジーボ」の特許使用料をめぐり、薬の製造販売を手がける小野薬品工業に対し、
特許使用料の分配金約226億円の支払いを求め、大阪地裁に提訴しました。

訴状によりますと、
オプジーボの特許権を本庶教授と共同で申請している小野薬品工業は、
類似薬を製造する米国の製薬会社に対し特許を侵害しているとして訴えを起こし、
製薬会社が売り上げに応じた特許使用料などを支払うことで和解しました。

本庶教授は要請を受けて訴訟に協力した対価として、
小野薬品工業が得た金額の40%を支払うという説明を受けていたとしています。

しかしその後、小野薬品工業から一方的に支払いを1%にするという通知が来たということで、
本庶教授は、当初説明を受けていた40%分にあたる226億円あまりの支払いを求め、
大阪地裁に提訴しました。

提訴を受けて小野薬品工業は本庶教授の主張に反論したうえで
「当社の正当性について司法の場で主張していく」として、
裁判で争う姿勢を示しています。

Follow me!

投稿者プロフィール

HAYASHI Takaaki
HAYASHI Takaaki弁理士
特許や商標などの知的財産の専門家。特に半導体・自動車・遊技機の技術分野において実務経験が豊富。諸外国の知財実務にも精通しており、特にインドネシアに関しては知財以外のビジネス情報にも詳しい。