文部科学省の科学技術・学術政策研究所(NISTEP)は、「科学技術指標2020」を公表しました。

世界主要国の科学技術活動を体系的に分析したもので、
このうち、自然科学の論文数では、中国が米国を抜いて初めて世界1位になりました。

1年当たりの論文数は、中国が約30万5,900本(シェア19.9%)で、
米国の約28万1,500本(同18.3%)を抜きました。

3位はドイツで約6万7,000本(同4.4%)、
4位が日本で約6万4,900本(同4.2%)でした。

他の論文に多く引用される「注目度の高い論文数」をみると、
1位は米国で2位が中国。

日本は9位でした。

特許出願に着目し、各国・地域から生み出される発明の数を国際比較可能な形で計測した
パテントファミリー数(2か国以上への特許出願)では
日本が世界1位となりました。

論文は国際共著が多いため、国ごとの論文への貢献度を加味して本数を修正(分数カウント法)。

年平均論文数は約154万本でした。

特許・商標の無料見積・無料相談をする

全国対応!お気軽にお問い合わせください。0562-82-0050電話受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせ 24時間・365日年中無休にて受付中