特許の標準審査期間15.0か月・平均FA期間は10.2か月

 特許庁は、知的財産に関する国内外の動向等をまとめた「特許行政年次報告書2021年版」を公表しました。

 今回は報告書の中から特許、意匠、商標の権利化までの期間と平均FA期間や審判の動向などを取り上げます。

 権利化までの期間(標準審査期間、最終処分期間)とは、審査請求日から取下げ・放棄又は最終処分を受けるまでの期間です。

 FA(ファーストアクション)期間とは、出願から審査結果の最初の通知(主に特許査定や拒絶理由通知書)が出願人等へ発送されるまでの期間です。

 特許の「権利化までの期間」(標準審査期間)は平均15.0か月であり、「一次審査通知までの期間」(平均FA期間)は10.2か月でした。

 意匠の「権利化までの期間」(標準審査期間)は平均7.1か月、「一次審査通知までの期間」(平均FA期間)は6.3か月でした。

 商標の「権利化までの期間」(標準審査期間)は平均11.2か月、「一次審査通知までの期間」(平均FA期間)は10.0か月でした。

 また、2020年の特許審査実績をみると、一次審査件数は222,344件。特許査定件数は164,846件、拒絶査定件数は55,154件、特許登録件数は179,383件となりました。

 特許査定率は74.4%でした。

【審判の動向】

 2020年における拒絶査定不服審判の請求件数は、特許が16,899件、意匠が367件、商標が742件でした。

 拒絶査定不服審判の平均審理期間は、特許は12.2か月、意匠は7.3か月、商標は9.5か月でした。

 無効審判については、特許・実用新案では、平均審理期間は12.5か月、意匠では12.7か月、商標では13.7か月でした。

 特許・実用新案の訂正審判は、平均審理期間は3.0か月。

 異議申立ての平均審理期間は、特許では7.4か月、商標では8.6か月であり、商標の取消審判では8.8か月でした。

【特許・商標出願件数】

 特許出願件数では、これまで年間30万件を超える水準で推移してきましたが、2020年は288,472件となり、30万件を割り込みました。

 一方で、国際出願(PCT国際出願)の件数は、2019年まで増加傾向を示しており、2020年は49,314件と前年に比べ4.5%減少したものの、依然として高い水準を維持しています。

 商標出願件数は181,072件。内訳は、国際出願は前年比7.8%減の17,924件、それ以外の出願件数は同4.8%減の163,148件となりました。

 商標登録件数は、近年は11万件前後で推移していましたが、2020年は135,313件に増加しました

Follow me!

投稿者プロフィール

HAYASHI Takaaki
HAYASHI Takaaki弁理士
特許や商標などの知的財産の専門家。特に半導体・自動車・遊技機の技術分野において実務経験が豊富。諸外国の知財実務にも精通しており、特にインドネシアに関しては知財以外のビジネス情報にも詳しい。