特許庁は、発明者の表示について、人工知能(AI)等を含む機械を発明者として記載することは認めていないと発表しました。

 特許庁は、特許出願の願書の「発明者」の欄には、発明をした自然人の氏名を記載すべきものとして取り扱っています。

 海外ではAIを発明者として認める司法判断が示されているケースがあります。

 これに対し、特許庁は発明者の表示は、自然人に限られるものと解しており、
「願書等に記載する発明者の欄において自然人ではないと認められる記載、
例えば人工知能(AI)等を含む機械を発明者として記載することは認めていない」
と通知しています。

 発明者の欄に自然人以外の名称を記載してしまった場合は、
「願書等の記載事項に不備があるものとして、手続に方式上の違反がある場合に該当することから、
相当の期間を指定して手続の補正をすべきことを命じます」
としています。

特許・商標の無料見積・無料相談をする

全国対応!お気軽にお問い合わせください。0562-82-0050電話受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせ 24時間・365日年中無休にて受付中