特許庁への手続き、旧氏(旧姓)併記が可能に

 近年、住民票やマイナンバーカード、運転免許証、旅券等の公的証明書の旧氏併記を認めていることなどから、特許庁への手続においても氏名欄への旧氏の併記が10月からできるようになりました。

 具体的には、特許庁に提出する全ての書類を対象に、発明者、出願人、審判当事者等の氏名欄において、次のように、旧氏を併記(括弧書きで記載)することが可能になりました。

【特許出願人】
【住所又は居所】 東京都千代田区霞が関3-4-3
【氏名又は名称】 特許(実用) 太郎

 2021年10月1日前にした出願であっても、手続補正書を提出することにより願書の「発明者」等の欄を補正することができます。

 ただし、出願が特許庁に係属している場合に限られます。

 設定登録後に、発明者等を補正することはできないので、注意が必要です。

 これまでは、婚姻等により姓が変わってしまうと、発明者や出願人の同一性を確認する手間がかかりましたが、10月1日施行の特許法等の改正に伴い、旧姓を表示することができるので、その手間が省けることになります。

Follow me!

投稿者プロフィール

HAYASHI Takaaki
HAYASHI Takaaki弁理士
特許や商標などの知的財産の専門家。特に半導体・自動車・遊技機の技術分野において実務経験が豊富。諸外国の知財実務にも精通しており、特にインドネシアに関しては知財以外のビジネス情報にも詳しい。