5G必須特許の保有シェアが世界3位に(NTTドコモ)

 NTTドコモは、高速通信規格「5G」のサービスに欠かせない必須特許の保有シェアが11.4%で世界3位になったと発表しました。

 1位の韓国サムスン電子(13.4%)、2位の米半導体大手クアルコム(12.1%)と拮抗しています。

 2020年10月時の世界第6位から順位を上げ、通信事業者の中では1位となりました。

 5Gサービスや技術の提供には、標準規格に則った多くの特許を用いる必要があります。

 自社特許に関する技術が標準規格に採用されるためには、
各国の標準化団体に対して当該特許についてFRAND(公平、妥当かつ非差別的)条件で許諾する
との宣言書を提出する必要があります。

 NTTドコモによると、同社は通信事業者として最も多い約5900件の技術提案(寄書)を行い、
5G標準規格として採用された累計で約1300件の技術を必須特許として宣言しています。

 調査は、サイバー創研の「5G標準必須特許に関する主要技術・サービスの開発動向について評価・分析」によるもので、
国内企業ではドコモが世界第3位となったほか、シャープが9位、NECが17位にランクインしました。

Follow me!

投稿者プロフィール

HAYASHI Takaaki
HAYASHI Takaaki弁理士
特許や商標などの知的財産の専門家。特に半導体・自動車・遊技機の技術分野において実務経験が豊富。諸外国の知財実務にも精通しており、特にインドネシアに関しては知財以外のビジネス情報にも詳しい。