中小の特許と商標の出願件数が増加(特許行政年次報告書2020)

特許庁は「特許行政年次報告書2020」を公表しました。

特許出願件数の推移を見ると、
2015年以降31万件台で推移していましたが、
2019年は307,969件と徐々に減少しています。

一方、特許協力条約に基づく国際出願(PCT国際出願)の件数は、

2014年を除き、一貫して増加傾向を示しており、
2019年は51,652件(前年比6.2%増)となりました。

企業活動のグローバル化が大きく進展し、
国内のみならず国外での知財戦略の重要性も一層増していること
などが背景にあると考えられます。

中小の特許出願状況

中小企業に注目してみると、
2019年の中小企業における特許出願件数は、39,596件(前年比4.8%増)であり、
内国人出願における中小企業の出願件数比率は、16.1%となりました。

出願全体に対する中小企業の比率は少ないのですが、
多くの企業が特許に関心を持ち、出願に意欲的であることがうかがえます。

また、2019年の特許出願者数は、11,574者(前年比2.3%増)であり、
内国人出願における中小企業の出願者数比率は、63.0%となりました。

中小の商標出願状況

2019年の中小企業における商標登録出願件数は、94,532件(前年比6.0%増)で、
内国人出願における中小企業の出願件数比率は、63.5%となり、
全体の6割以上が中小企業による出願であったことになります。

また、2019年の商標登録出願者数は、32,303者(前年比4.1%増)であり、
内国人出願における中小企業の出願者数比率は、65.4%となりました。

特許行政年次報告書2020(特許庁)

Follow me!

投稿者プロフィール

HAYASHI Takaaki
HAYASHI Takaaki弁理士
特許や商標などの知的財産の専門家。特に半導体・自動車・遊技機の技術分野において実務経験が豊富。諸外国の知財実務にも精通しており、特にインドネシアに関しては知財以外のビジネス情報にも詳しい。