kovop58 - stock.adobe.com

 オリンピックに関連したロゴマークやキャッチコピーを広告や販売促進、ノベルティグッズ等に使用したいと検討している方もいるかもしれません。しかし、オリンピックに関するエンブレム、ロゴ、用語、名称を含む知的財産は商標法、不正競争防止法、著作権法などで保護されており、公式スポンサーでなければ使用することができません。そのため、注意が必要です。

 また、商標登録されていない用語でも、オリンピックを連想させるような表現には規制がかかります。例えば、「目指せ金メダル!」などのオリンピックをイメージする用語をビジネスで使用することは、公式スポンサーとの誤認を引き起こす可能性があり、「アンブッシュ・マーケティング(便乗商法)」と見なされ、使用差止めや損害賠償の対象となる場合もあります。

 また、「Tokyo 2020 ○○○○○」や「○○○○○リンピック」といった、オリンピックやパラリンピックを連想させる表現に伏せ字を使用することも禁止されています。

 さらに、以下のような用語も保護対象とされています。

  • オリンピック
  • オリンピズム
  • オリンピアン
  • オリンピアード
  • パラリンピック
  • パラリンピアン
  • 「より速く、より高く、より強く」
  • 聖火/聖火リレー/トーチ/トーチリレー
  • オリンピック日本代表団選手/パラリンピック日本代表団選手

 さらに、JOC(日本オリンピック委員会)のスローガン「かんばれ!ニッポン!」は商標登録されています(商標登録第4481000号)。したがって、オリンピック以外の場面でも使用する際には注意が必要です。

 最後に、オリンピックは世界的なスポーツイベントであり、そのブランド価値を守ることは重要です。公式スポンサー以外の企業や個人が適切な手続きなしに商業利用を行うことは、オリンピックのイメージを損なうだけでなく、法的な問題も引き起こす可能性があります。したがって、オリンピックに関連する使用には十分な注意が必要です。

<特許出願(特許申請)の基礎知識>

特許申請の基本知識
特許申請の手続きガイド:流れとポイントを解説

 特許出願は、新しいアイデアや技術などの発明を保護するために重要な手続きです。そして、特許出願には複雑な手続きや法律的な要件が存在するため、特許出願の流れについて理解することは重要です。本記事では、日本の特許出願の流れに […]

もっと見る
特許申請の基本知識
特許申請費用の把握と最適化:コストを抑えながら保護を実現する

 特許出願を行う際には、特許出願に伴う費用について理解することが重要です。本記事では、「特許出願の費用」に焦点を当て、特許出願にかかる費用の詳細について解説します。特許申請を検討している方や興味を持っている方にとって、こ […]

もっと見る
特許申請の基本知識
特許申請の代行サービスを利用するメリットと手続きのポイント

 特許申請は、発明や技術的な革新を保護するために非常に重要な手続きです。しかし、特許申請は専門的な知識や綿密な書類作成が必要とされるため、多くの人にとっては困難な作業となる場合があります。そこで、特許申請の代行サービスが […]

もっと見る
特許申請の基本知識
特許取得費用の助成制度とは?出願人の負担軽減と支援策を解説

審査請求料・特許料の軽減制度  特許出願を特許庁に審査してもらうための審査請求料は、通常、基本料138,000円に「請求項の数」×4,000円を加えた金額です。  また、特許権を10年間維持するための特許料は、基本料22 […]

もっと見る
特許申請の基本知識
簡単な工夫では特許取得は難しいのか?成功のための戦略とアプローチ

特許性に関して後知恵での判断は禁物  特許庁の審査官が審査を行う際に注意を払うことの一つに、「後知恵に陥らないようにする」があります。  特許出願にあたって、発明者・特許出願人は、発明の目的(発明が解決しようとする課題) […]

もっと見る
特許申請の基本知識
物の発明と方法の発明の違いとは?特許申請における重要なポイントを解説

発明のカテゴリー 「特許権者は、業として特許発明の実施をする権利を専有する」(特許法第68条)というのが特許権の独占排他的な効力です。ここでの「特許発明」とは、特許を受けている発明のことをいいます。そして「業として」とは […]

もっと見る

あたなは、このようなことでお悩みではありませんか?

  1. 自社のビジネスモデルをパクられたくない。
  2. どの程度のアイデアなら特許を取れるのだろう…
  3. 構想段階ではあるがビジネスのアイデアを守りたい。
  4. 中小企業が特許を取ることに意味があるか疑問がある。
  5. 特許を取るには費用がかかりそうだが元を取れるの?
  6. 特許申請のために何をすべきか分からない。