「Yahoo!」の商標権を取得(ヤフー)

NYCStock – stock.adobe.com

 ヤフーは、日本国内における「Yahoo!」、「Yahoo! JAPAN」の商標権の取得などを含むライセンス契約を
米アポロ・グローバル・マネジメントと結んだと発表しました。

「Yahoo!」ブランドは、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズが2017年に米ヤフーを買収して取得し、
ベライゾン傘下のネットメディア事業「ベライゾン・メディア」が管理していました。

 ヤフーは国内で「Yahoo!」ブランドを利用する際は、ライセンス手数料をベライゾンに支払う必要がありました。

 今回の契約は、「Yahoo!」関連の商標などを管理する主体がベライゾン社からアポロ社へ移ることを受けたもので、
この契約により、ヤフーはこれまでのライセンス契約を終え、関連する商標を日本で取得できるようになりました。

 新たな契約によりヤフーは、ロイヤルティなしに、関連する商標・技術などが利用可能になり、
機動的な事業展開が可能になるとしています。

 対価としてヤフーは、1,785億円を支払うとしています。

Follow me!

投稿者プロフィール

HAYASHI Takaaki
HAYASHI Takaaki弁理士
特許や商標などの知的財産の専門家。特に半導体・自動車・遊技機の技術分野において実務経験が豊富。諸外国の知財実務にも精通しており、特にインドネシアに関しては知財以外のビジネス情報にも詳しい。